島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

オーボエリペアコース通信 vol.4

オーボエリペアコースの授業では、いよいよタンポ交換実習に突入しました!
今回はブラダーが張られたタンポを交換します。

f:id:daikanyama-ongakuin:20150518183304j:plain
上写真左のタンポはクラリネット用、右がオーボエ用のタンポです。
オーボエ用のタンポは全体的に薄いですね!


f:id:daikanyama-ongakuin:20150517141158j:plain
オーボエは一般的に白色のシェラックを使用しタンポを接着します。
白色シェラックは、クラリネットやサックスに使用する黒色のシェラックに比べて融点が低く、
接着方法がきちんと成されていないと、自然にタンポが取れてしまうという事例があります。
真夏日の気温の高い部屋に楽器を放置するだけで、調整が変化してしまうと共に最悪外れてしまうということもあります。
その危険性を踏まえて授業では白色シェラックの他に、黒色シェラックも使って実習を行います。
(上写真内の黒色シェラックは、接着しやすいように細く加工したものです。) 


f:id:daikanyama-ongakuin:20150517141843j:plain
先生よりシェラックの付け方についてレクチャーを受けます。
1枚目の写真を見てわかるように、タンポ全体が薄いのでシェラックを付けるのが難しそうですね・・・


f:id:daikanyama-ongakuin:20150517154513j:plain
シェラックを付けたタンポをキイに接着したら、いよいよ調整です!
熱し過ぎに注意してくださいね!


f:id:daikanyama-ongakuin:20150517152214j:plain
タンポ調整と共にバランス調整も同時進行で調整していきます。
先生の合格サインはもらえたでしょうか・・・


次回 5月24日(日) もタンポ交換調整が続きます!

オーボエ修理にご興味がある方は、ぜひ授業見学にご参加ください♪
ご来校をお待ちしております。