読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

第1回3Daysバイオリンツールワークス報告!

先日告知をした記事の中でも触れましたが、バイオリンクラフト&リペア科では「バイオリン製作・修理のためのツールワークス」をテーマに、入学検討者向けのイベントを年に数回実施する予定です。

記念すべき、第1回目がゴールデンウィーク中に開催され、終了しましたので、報告させていただきます。

今回のテーマは「立ち刃鉋(かんな)」。
名前の通り、鉋の刃がほぼ垂直に立っている特殊な鉋(!?)を作るという内容です。

以下、作業の工程と完成したユーモラスな姿をご覧ください。


f:id:daikanyama-ongakuin:20150504110436j:plain:w320 f:id:daikanyama-ongakuin:20100120013439j:plain:w320
f:id:daikanyama-ongakuin:20150504113543j:plain:w320 f:id:daikanyama-ongakuin:20150504123134j:plain:w320
f:id:daikanyama-ongakuin:20100120013800j:plain:w320 f:id:daikanyama-ongakuin:20100120014902j:plain:w320
f:id:daikanyama-ongakuin:20100120020719j:plain:w640

参加される方にとっては初めての鉋作りということでしたが、中々の完成度ではないでしょうか!

バイオリンの指板で試しがけをしてもらいましたが、使い勝手、切れ味、共に良好でした。

今回のこのイベント、自分の手でしっかりとした道具ができあがるという体験をしてもらうことを目標としていることもあって、告知こそしていませんでしたが、とてもしっかりした材料を用いています。
黒檀は密度が高いアフリカ材、刃は本科・夜間科生も使用している焼入れがしっかり入っている鋼材を用いる、こだわり仕様。他学科の講師からも(「自分も作りたかった!」と)羨望の声を集めていました。

体験会に参加された方の丁寧な作業と努力が実っての完成ではありますが、良いものができると次回も一層楽しみですね。

【講師・髙倉先生の感想】
今回参加された方は、鉋づくりは初めてでしたが、材料の鋸挽き(のこびき)から、とても丁寧に作業されていました。また、手を動かしながらも演奏や技術の話で盛り上がり楽しい時間を過ごさせていただきました。ふだんのオープンキャンパスよりも時間をかけて作業ができたので、とてもよかったと思います。7月のフロッグ台作りにも、多くの方に参加いただければと思います。

実用的な道具を作ることを通して、将来の仕事を熟考していただくこの企画、次回の実施は7月になります。
入学検討者の方であればどなたでも参加できますので、ぜひお待ちしております。

http://www.daikanyama-ongakuin.com/event/3days-seminar/#vc