読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

ピアノ調律科コンサート開催!

f:id:daikanyama-ongakuin:20150301123001j:plain
ピアノ調律科では、3月に
ピアノ調律科コンサート 軌跡~愛情あふれるコンサート~を開催しました。
ピアノ調律科では演奏授業も取り入れており、ピアニストの意見をピアノに反映する為のコミュニケーション力を養う、という目的もこの授業に込められています。
企画から準備、使用ピアノの調律・整調まで(もちろん当日の演奏も!)、ピアノ調律科の学生が担当するコンサートも、早いもので今年で6回目を迎える事が出来ました。
コンサートのサブタイトルには、ピアノ調律科創立10周年の節目の年という事で、今までピアノ調律科に関わった全ての方に感謝の気持ちを伝えたいという気持ちが込められています。
では、さっそく当日の様子を見てみましょう!

コンサートリハーサル

コンサート当日。午前中はリハーサルです。
演奏はもちろん、皆それぞれタイムキーパーやステージマネージャー、司会など、担当の仕事の確認も行います。
f:id:daikanyama-ongakuin:20150301113944j:plain:w320 f:id:daikanyama-ongakuin:20150301114500j:plain:w320

リハーサルの前後は、グランドピアノの調律が入ります。
今年の調律は、本科2年生の菊地さん。
授業ではグランドピアノの調律や整調で高い技術を発揮している菊地さん。
コンサートとなるとまた違った緊張感の中、しっかりと1台をまとめてくれました。
f:id:daikanyama-ongakuin:20150301123437j:plain:w320
さて、リハーサルも終わり、お客様もぞくぞくとご来場されています。
いよいよピアノ調律科コンサート開演です!

ピアノ調律科コンサートの様子

今年のピアノ調律科コンサートは、本科2年生の齊藤さん、柴山さんの連弾「フォーレ:ドリー組曲 作品56-1・3」の演奏で始まりました。
コンサートのテーマに合わせて、優しくゆったりしたメロディーを奏でます。
f:id:daikanyama-ongakuin:20150301130324j:plain:w320

続いて本科1年生の大木さんの「ショパン:子犬のワルツ 作品64-1」です。1曲目とはイメージが変わり、子犬が駆け回るような軽やかなメロディーです。
f:id:daikanyama-ongakuin:20150301130948j:plain:w320

1部の最後は夜間科2年生の中川さん・尾辻さんによる連弾、「ルパン三世のテーマ」。皆さんご存知の曲をジャズにアレンジし、今までのクラシックの曲とはまた違った楽しみ方ができます。昼間は仕事をしながら毎日夜間科の授業に通っている為、夏から練習を重ねてきました。
f:id:daikanyama-ongakuin:20150301134616j:plain:w320

2部に出演した本科2年生の吉川さんは「グリーグ:ホルベルク組曲より プレリュード」です。爽快なメロディーの中にも北欧独特の抒情性も表現しています。
f:id:daikanyama-ongakuin:20150301142443j:plain:w320


当日は、他学科の学生やピアノ調律科の学生のご家族、ご友人、そしてピアノ調律科の卒業生も沢山来場いただき、とてもアットホームなコンサートとなりました。
学生の皆さんも、今回のコンサートを通して多くの事を体験できたようです。来年のコンサートも楽しみですね!