読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

ギターエンジニア特別講義Vol.4「皆川ギター工房 皆川隆行氏」

皆さんこんにちは!
毎回技術者を招いての特別授業、『ギターエンジニア特別講義』も今回で第4弾となりました。今年度最後の先生は個人でギターリペア工房を立ち上げ、高い技術力で現在まで工房を続けている「皆川ギター工房」の皆川隆行氏の登場です!!


今回の講師
f:id:daikanyama-ongakuin:20150226130311j:plain
〈プロフィール〉
1966年 4月23日 (東京都出身)
楽器店勤務からキャリアをスタートさせ、その後輸入ギター代理店で修理業務を約13年行う
その後某有名ギター工房で様々なギターリペア技術を身につけ2004年にアコースティック・ギターリペア専門ショップ「皆川ギター工房」を埼玉県八潮市にて設立
2008年現在の足立区に工房を移転する
長年の経験に基づく確かな技術と「お客様主導主義」が評判を呼んでいる



それでは早速講義の様子を見て行きましょう!

『修理屋』として

f:id:daikanyama-ongakuin:20150226130432j:plain


まず皆川さん自身がどのような経緯で工房設立に至ったかをお話くださいました。
高校卒業後、楽器の学校ではなく調理師の学校に通い飲食店で働いていたという経緯から始まり、あいている時間は楽器店に足繁く通いつめる楽器好きだった事など学生も親近感の湧く内容でスタートしました。
その後、御茶ノ水の某楽器店で働くこととなり楽器業界に飛び込みました。
当時はまだリペアマンという仕事が現在ほど知られてはいませんでしたが、その時初めてギターの修理をする仕事をしている現場を目の当たりにし、「まるで魔法使いみたいだ」と感動と衝撃を受けます。
楽器店での取引の繋がりからアコースティックギター輸入業者の営業の方に誘われる形で転職。検品、調整、発送の仕事をしていましたが、ギターを修理する部門で働きたいと会社に申し出て『修理屋』の道が始まります。アコースティックギターメーカーの修理品、不良品のリペアをすることによって、技術を得ていきました。
13年ほど働いていましたが、もっと様々なギターを修理したいと考え、知り合いの個人工房で働きます。ここでアコースティックギターを中心に様々な種類のギターのリペアを行うことによって技術を磨き、2004年にアコースティックリペア専門ショップを開業します。



f:id:daikanyama-ongakuin:20150226135900j:plain


開業当初、仕事はそれまで働いていた個人工房や以前の会社から貰いますが飛び込みで楽器店に営業に行くなど厳しい状況が続きます。しかし、2年目にホームページの立ち上げ等、徐々に認知されてゆくこととなります。
個人工房を目標にしている学生も多く、より現実感のあるお話に学生も講師も引き込まれていきます。


f:id:daikanyama-ongakuin:20150226130518j:plain


経歴のあとは皆川さんの考え方を具体的な修理技術の紹介を交えてのお話があり、学校で習った方法とまるで違う手法に学生達も驚いていました。
技術の仕事は正解が1つではなく 固執していると間違いに見えやすいという考えや、自分にあった道具を使う、技術だけではなく人間性を鍛える、仕事仲間の絆を大切にするというお話があった中で
『プロの演奏家はギターを何本も持っていて何度も修理することもありますが、一般のお客様は一生のうちに何回も修理に出すことはないので、お客様にいかに喜ばれ気持ちよくお金を払ってもらえるかが重要です。そして技術に見合った金額設定も大切な要素です。』
という言葉が特に印象的で長年の経験による重みがありました。


学生へのメッセージ


f:id:daikanyama-ongakuin:20150226145439j:plain
f:id:daikanyama-ongakuin:20150226143323j:plain

今回も後半はプレゼンテーションを行いました。幅広い知識とご自身の製作の話も交え、どういう音楽で使うのか、売るとしたらいくらで売るかという事を学生に問いかけ、様々な角度から製作作品へのアドバイスを頂きました。

f:id:daikanyama-ongakuin:20150226150339j:plain


学生からの質問コーナーでは具体的な修理方法を始め質問が多く、工房設立を考えている学生の質問には熱いエールを頂きました。更に講師の金澤先生からもレベルの高い質問が飛び交う等、とても内容の濃い時間となりました。講義終了後も学生の質問や様々なギターについて説明して下さり、話が尽きない様子でした。

いかがでしたか? 2年生は卒業間近、1年生は進級となりますが、仕事に対しての意識や仲間の大切さが伝わり、今後に活かしてほしいものです。
今回講義してくださった皆川様、本当にありがとうございました!!

代官山音楽院・ギタークラフト&リペア科では、今後も様々な技術者をお招きしてこのような特別講義を開催していきます。次回もお楽しみに!!