読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

管楽器リペア科夜間科インタビュー

こんにちは!

代官山音楽院にはお仕事をされながら、大学や専門学校などに通いながら技術を学ぶことの出来る、夜間科があります。

今回はお仕事をされながら管楽器リペア科の夜間科に通う、伊藤正博さんにお話を伺いました♪

f:id:daikanyama-ongakuin:20150212172747j:plain

昼間は何をされていますか?

午前中は保育園で音楽の先生の仕事、曜日によっては中学校の吹奏楽部で指導をしています。

管楽器の修理を学ぼうと思ったきっかけは?

音楽大学に通っていたのですが、そこで自分が専攻している楽器や他の人の楽器を眺めているときに、演奏者としてリペアに求める要求が高いと感じたことが結構あり、演奏を学んだ経験から演奏者の心の支えになれれば、と思ったことがきっかけです。

将来的にはリペアの仕事を中心にされていくのですか?

はい。今の仕事にプラスしてではなく、これからの仕事に重きを置いていきたいと思っています。

音楽自体に興味を持ったきっかけは?

自宅の近くにホールがあるのですが、そこでオーケストラの演奏を聴いたことがきっかけです。中学校に入学後に吹奏楽部で楽器を始め、その延長として音楽大学に行き、今に至ります。

今実際に通っている夜間科ではどんなことを学んでいますか?

今は、楽器の調整に使うコルクを貼り付けて整形することを勉強しています。

f:id:daikanyama-ongakuin:20150218160337j:plain

実際に勉強を始めていかがですか?

授業時間が少なく3時間しかありませんが、集中して取り組むことが出来ているので、最初は不安でしたが、今は不安も無く楽しんで取り組めていると思います。

昼間お仕事をしながら夜間科に通うことに対して、入学前に不安に感じたことはありますか?

やはり授業時間が少ないので、授業についていけるかどうかということと、午前中の仕事の疲れが授業に出てしまわないか不安ではありましたが、実際にやってみるとそこまで苦労を感じることは無かったです。

今仕事をしながら夜間科に通おうと考えている方に伝えたいことはありますか?

周囲に管楽器のリペアの技術を学びたいんだと相談したときに、「やりたいのであれば、やってみればいいじゃないか」と何人もの方から強く言っていただけたので、皆さんにも言ってあげたいです。

卒業してからどんな技術者になりたいと考えていますか?

演奏される方、特に初めての方は楽器を持つことに対しても不安と感じることもあると思いますし、楽器についても分からないことも多いと思うので、そういった方に寄り添って一緒に楽器を楽しんでいられる技術者になりたいです。


伊藤さん、ありがとうございました!

夜間科では実際に授業をご覧いただくことが可能です。
ご興味のある方はぜひ授業見学にお越し下さい♪