島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

コントラバス下地作り

f:id:daikanyama-ongakuin:20141005120756j:plain
鈴木徹さんによるコントラバス製作、少し間が開いてしまいましたが、状況をお伝えしていきます。

まず、前回の記事の続きから

前回の後も、下地作りの工程が引き続き行われました。
楽器へ下地の塗布、合間を縫って調合と解説、という配分で作業は進んでいきます。

今回の写真を見て既にニス塗りの前に色が付いていることに驚く方もいるかもしれませんが、バイオリンは透明度が高いニスを使う方が多いので、下地の段階で色を付ける方法は決して珍しくありません。

鈴木さんは下地作りのそれぞれの過程が与える変化が分かるように、板へのテストなどもしながら作業を進めてくれています。塗るものの処方や狙いなども説明してくれるので、塗装に関してあまり関心がない方でも変化が分かり、楽しめる内容であると思います。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141005113627j:plain f:id:daikanyama-ongakuin:20141005120003j:plain
f:id:daikanyama-ongakuin:20141005115017j:plain f:id:daikanyama-ongakuin:20141005113739j:plain

写真でお伝えきれないのが残念ですが、杢の動きを殺さず強調し、それでいて色もしっかり付いている、美しい仕上がりです!

この後はいよいよ、ニス塗りの工程に入ります。どの様に変化していくか楽しみですね!


見学会は始まっていますが、まだ、お申し込みを受け付けております。
気軽にお問い合わせください。

製作の様子は鈴木さんのFacebookでも公開されているようです。
興味ある方は是非そちらの方も御覧になってみてはいかがでしょうか。
https://www.facebook.com/pages/Suzuki-Tetsu/402159049871649