島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

ギター解体深書 〜ギターのメンテナンスと調整vol.2〜

f:id:daikanyama-ongakuin:20130210123849j:plain

「ギター解体深書」第2弾

ギターのお掃除

前回、弦交換についての話をしましたが、その弦交換時にやっておきたいことの一つに“クリーニング”があります。「ギターは汚れていたほうがいい」という考えを持っている方もいらっしゃると思いますが、やはり綺麗にしていたほうが長持ちしますし、ギター本来のポテンシャルも十分に引き出せると思います。弦が張ってあるとなかなか手の届きにくい指板やフレット、ブリッジ周辺は、特にこの機会にクリーニングすることをお奨めします。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141009141214j:plain

フレットのクリーニング

フレットの素材は“ニッケルシルバー”という合金で出来ていることが多いです(中にはステンレスやブラスで出来ているものもあります)。いずれにせよ金属で出来ていますので、時間が経つとくすみや錆が発生し、演奏性やサスティーンに悪影響を与えてしまいます。フレットのクリーニングは、一言で言ってしまえばひたすら“磨く”作業になります。この磨きで取れない傷は、フレットすり合わせ、あるいはフレット交換という“リペア”の範疇になりますので、プロに任せたほうが無難です。

その磨き作業ですが方法がいくつかあります。コンパウンド(磨き粉)・金属磨きクロス・研磨用スチールウールといったものを使用し、磨き方は、コンパウンドはフレットに少量塗り、ウェス(綿の生地)で擦って磨く。クロス、スチルウールはそのままフレットを擦って磨いていきます。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141009142919j:plain
錆がひどいときはヤスリを使う場合もあります。

ここで注意が必要なのが、“指板を傷つけない”事です。そのまま磨いてしまうと必ずと言っていいぐらい指板に傷が付いてしまいますので、マスキングテープ(剥がすことを前提とした保護テープ)で指板を保護するようにしましょう。テープの粘着が強すぎると指板・グリップの塗膜が剥がれることがあるので注意してください。また、フィンガーボード・ガード(←名称はまちまち)と言う、フレットの幅でスリットの入った金属製の薄板なども市販されていますので、こちらも手軽に使えます。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141009140634j:plain f:id:daikanyama-ongakuin:20141009140934j:plain
フィンガーボード・ガードやマスキングテープを使ってフレットだけが露出するようにします。

指板のクリーニング

フレットを磨いたあとは指板も綺麗にしましょう。指板は塗装がされている場合(メイプル等)と塗装がされていない場合(ローズウッド、エボニー等)がありますが、今回は塗装されていない場合のクリーニングです。フレットの磨きにコンパウンドを使用していると、指板とフレットの間にコンパウンドが残ってしまっている場合がありますので、それを柔らかめのブラシで落とします。(これは塗装の有無に関わらず同じです)指板そのものは汚れの程度にもよりますが、通常ですとオイルを含ませたクロスで拭き取るようにします。このオイルは、専用の指板オイルや家具用のオイル(オレンジオイル・レモンオイルなど)などが使用できます。いずれのオイルも乾性油(乾くと硬くなるオイル)ですが、汚れを落とすだけでなく指板の保湿にも一役買っています。と言うのも塗装がされていない指板は、木材が剥き出しになっているわけですから、他の塗装面に比べ周りの環境に影響されやすい状態にあります。特に乾燥時は木が収縮してフレットサイドが手に引っかかることがしばしばあり、これを防ぐには定期的に指板オイルを塗ることが大事です。(フレットサイド側を削るという手もありますが難易度は高めです)ちなみに汚れがひどいときは、オイルを直接指板にかけて汚れを浮かせてから拭き取ったり、溜まった汚れをスクレーパーなどの刃物で削り取ることもあります。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141009142404j:plain
クロスは指板専用にすることをお奨めします。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141009142553j:plain
オイルは塗り過ぎても木にダメージを与えますので余分なオイルは拭き取ります。

ボディ・ネックのクリーニング

次にボディやネックの塗装面をクリーニングしていきます。ボディ等の塗装面はポリッシュ(艶出し剤)とクロスを使って磨き上げます。このクロスは指板を磨いたものとは別のものを使います。また、ポリッシュを使う際はギターの塗装にも注意しなければいけません。ギターの塗装にはポリ系の塗料とラッカー系の塗料が使われていますが、ポリッシュによってはラッカー系の塗膜にダメージを与えることがあります。必ずギターの目立たないところで試してから使用してください。大まかな流れは、

  1. ギター全体を乾拭きして埃を落とす。
  2. ポリッシュをクロスに染み込ませギター全体に馴染ませる。
  3. クロスの乾いたところで乾拭きする。

となります。

パーツ類を全て外して行うのが理想ですが、外してしまうと元に戻せなくなったり、セッティングが変わってしまったりすることがありますので自信の無い方は外さないほうがいいでしょう。ただ、ブリッジ周りなどは埃が溜まりやすかったりしまうので、そういった埃は「エアダスター」や「ブラシ」を使用して取り除いておきましょう。

f:id:daikanyama-ongakuin:20141009143132j:plain f:id:daikanyama-ongakuin:20141009143513j:plain
f:id:daikanyama-ongakuin:20141009143428j:plain

パーツのクリーニング

ボディのクリーニングと一緒にパーツもお掃除をしてしまいましょう。パーツ類のクリーニングには、ボディに使ったポリッシュがそのまま使える場合がありますが、それだけでは落ちないといった場合はコンパウンドを使って綺麗にしていきます。ここまでの全ての作業に言えますが、コンパウンドの付け過ぎは良くありません。逆に金属部がくすんでしまうことになりかねませんので注意しましょう。さらにはメッキの種類にも注意が必要で、特に金メッキは柔らかいのでメッキが剥がれてしまう可能性が大です。やはりこれも目立たないところで試してから使用しましょう。

Before
f:id:daikanyama-ongakuin:20141009143634j:plain

After
f:id:daikanyama-ongakuin:20141009144140j:plain



2回目はギターのクリーニングについて書かせていただきました。ギターが綺麗になると気分良く弾けます。日頃から綺麗にしておくことを心掛けて、長く大事に使っていきましょう。

次回は、メンテナンスシリーズ最終回「ギターの調整」です。


前回の記事はこちら