島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

バイオリンクラフト&リペア科オープンスクール講師による授業実施

バイオリンクラフト&リペア科本科にて当音楽院オープンスクール講師による特別授業が実施されました。
 
この講義は1~2ヶ月毎に実施しており、通常授業を担当している講師とは別の技術者に講義を行ってもらうというものです。複数の違う背景でキャリアを積んできた技術者から話を聞くことで、学生自身の視野を広げることと、習ったことの中から改めて重要な点を再確認してもらうことを目的としています。
 
今回担当したのは本科・夜間科とは別のコースである、オープンスクールのバイオリン・ビオラ製作コースを担当している講師の1人、沼波先生です。
今年度初めての特別授業となる今回は、先生の現在のお仕事に至るまでの体験談と学生に対してのアドバイス、それから技術面での指導が中心となりました。仕事をしてきたクレモナやウィーン滞在中に築き上げた楽器に対して持つ意見は聞いていてとても説得力があり、次の実施も楽しみですね。
次回の特別授業は同じくオープンスクールを担当している伊藤先生が講義を行う予定です。

沼波先生と伊藤先生は土曜日オープンスクール選任講師のため本科・夜間科に記載がなく、ご存知でない方もいると思いますので改めてここで紹介をさせていただきます。
2人は今回のように平日に講義を執ることこそ珍しいですが、担当している土曜日のオープンスクールではバイオリンクラフト&リペア科の本科・夜間科と同じ教室を使用していますし、授業を進行していく上でアドバイスを貰うこともあります。

 

クレモナ国際弦楽器製作学校(I.P.I.A.L.L)卒業。在学中に楽器製作をVincenzo Bissolotti氏、Francesco Bissolotti氏に師事し卒業後もFrancesco Bissolotti氏の工房の一員として研鑽を重ねる。2004年、ロンバルディア州立専門学校、弓修理・調整コース、ディプロマを取得し翌年にはHoracio Pineiro氏主催、修理・サウンドアジャストメントコースにてディプロマを取得。 2007年、オーストリア・ウィーンに移転し楽器修理・調整をMarcel Richters氏、Cai Von Stietencron氏に師事。両氏のもとでオーストリア国立銀行所有のコレクションをはじめ、Stradivari, Guarneri, Amati, Guadanini, Bergonzi, Maggini, Montagnana, Stainer, Tononi, Grancino 等々、数多くの銘器の修理を経験する。2009 年、独立後も多くの著名演奏家の楽器メンテナンスを担当し厚い信頼を得る。現在は、日本に帰国し東京にて自身の工房を開いている
 

東京、高円寺にある佐々木朗氏の工房(佐々木ヴァイオリン製作工房)に弟子入りし、製作・修理の技術を一から学ぶ。5年に及ぶ修業後に独立開業。現在は群馬県桐生市に個人工房を構え、修理や製作を精力的にこなしている。国際コンクールへの出品経験もある、職人気質と旺盛な研究心をあわせもつ気鋭の技術者。日本弦楽器製作者協会(JISMA)正会員。

オープンスクールは週1程度のペースから楽器製作を開始していくコースです。無料の体験説明会も行っていますので、興味がある方は是非、気軽にお問い合わせください。