島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

9月の夜

嵐の後に広がる青空 吹く風も爽やかに そぐそこに秋の気配 ならば、秋の夜長にジミを聴こう・・・ 皆さんこんにちはギタークラフト&リペア科の今野です。  9月も半ばを過ぎ、ようやく秋の気配を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? 私も夏が嫌いなわけではありませんが、涼しくなってくると「ツーリングがしたい!」、「釣りがしたい!」、「ギターを作りたい!!」といった欲求が頭をもたげてきます。  学校ではこの9月に前期が終了するということもあり、講師陣は成績表作成に四苦八苦しています。こうして成績表を作っていると入学式から6ヶ月も経ったということに、時の流れの速さを感じます。まさに「光陰矢のごとし」、あっという間に冬を迎えることになりそうです。  学生達は前期試験もあらかた終了し、今日も製作や修理に精を出しつつ、来月に迫ったうぐいす祭(学園祭)へ向けた準備などに忙しく立ち回っています。 10/19,20に行われるうぐいす祭では製作楽器の展示や体験コーナーなど学生が趣向を凝らしてお待ちしています。お楽しみに! そして秋の夜長には音楽鑑賞なんてのはいかがでしょうか? まずは、奇しくも本日9/18が命日のジミヘンことジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスの「Electric Ladyland」。1968年の発表で45年も昔のアルバムですが、今でも古臭さを感じさせない最高の一枚です。 続いては、バンドオブジプシーズの「Band of Gypsys」。ギタリストはご存知ジミ・ヘンドリクス。ジミが存命中に唯一発売されたライブアルバムです。エクスペリエンスとは違うメンバーで、ジミのファンキーな一面が出ているアルバムです。私はこの時期のジミが一番好きだったりします。 最後に、何と没後43年を経て発表されたジミの最新アルバム「People, Hell and Angels」です。最新といっても当然、生前にレコーディングされたものの未発表音源などで、ジミ好きには堪らない一枚です。私はあまり期待せず買ったのですが良いです。これ以上はもう無いでしょうね。 キリが無いのでここで止めておきますが、気がついたら全部ジミになってしまいました。これも「愛ゆえに」です。ジミのアルバムは正規版だけでも中々の枚数があり、ブートレグも含めると果てがありません。ギタークラフト&リペア科の学生なら全部聞け、と言いたいところですが無理です。言えません。せめてベスト版でもいいので聴いてほしいなぁと思う今日この頃です。ギターや機材の話もしたいところですが、またの機会に。 朝晩が結構冷え込んできました。風など召さぬ様にご自愛ください。