読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器テクニカルアカデミー 公式ブログ

音楽技術専門の学校『島村楽器テクニカルアカデミー』の公式ブログ!音楽の職業・仕事を探す人は必見!

2016弦楽器フェア出展情報

全国の弦楽器が集まる日本弦楽器製作者協会主催「2016弦楽器フェア」がいよいよ、東京、科学技術館にて11月4~6日に開催されます。 代官山音楽院も毎年出展を続けてきましたが、今年は来年からの校名変更に合わせ「島村楽器テクニカルアカデミー」として出展…

弓製作コース 完成報告!

弓製作コース、いよいよ作品を完成させる受講生の方が表れました。 記念すべきコース第1本目です。 量産品では割愛されがちな装飾部分も手を抜いておらず、美しくこだわりが伝わってくる仕上げです。もちろんパーツはすべて受講生の手で加工して作っています…

弓製作コース スライド作成

前回からいよいよフロッグの加工に入りました。 今回はフェルール(半月状の金属環)のと接する位置にあるスライド部分の製作について説明します。写真に見える貝の装飾が目立つパーツがスライドになります。フロッグ周りのパーツにはこのスライドを始めとして…

弓製作コース フェルールからフロッグへ

弓製作コース、以前フェルールろう付けの様子をお見せしましたが、その後の工程をお伝えしていきます。フェルールのろう付けが無事終了した後は寸法に合わせた成形と研磨を行っていきます。重要なのはこの2つが両立できていることで、特にフェルール内側の寸…

日本バイオリン製作研究会 春の展示会に出展しました!

5/21~5/22池袋にて日本バイオリン製作研究会(以下VSJ)主催によるこの時期恒例の春の展示会が開催され、代官山音楽院も出展しました。 今年の展示会からはVSJ会員楽器すべてに製作コンセプトや具体的な数値、使用弦、モデルなど記載がされるようになりました…

日本バイオリン製作研究会 春の展示会のお知らせ

5月21日(土)、5月22(日)に東京池袋アカデミアホールにて日本バイオリン製作研究会(VSJ)の展示会が開催されます。毎年、同時期に行われているこの展示会ではVSJ会員の楽器展示、プロ演奏家による試奏、作品の評価が行われており、当音楽院でも本格趣味オープ…

弓製作コース フェルール製作の様子

フェルールという弓のパーツ、ご存じでしょうか。 ちょっとマニアックな響きかもしれませんが、決して弓のみの専用用語ではなく いろいろな分野の技術でこの名称は使われています。名前を知らなくても実際の写真を見ると、どの部分かわかるという方は多いの…

弓製作コース 学校の春休みが明けて

春休みが明けて新年度が始まりました。 弓製作コースも少しお休みをいただいていましたが、4月に入りコースを再開いたしました。 また作業の様子も少しずつお伝えしていきたいと思います。 久々に様子を見ましたが、受講生の方も少しずつ増えており、教室も…

卒業ライブと展示会

代官山音楽院では3月に入り寒さと暖かさが入り交じり季節の変わり目を感じます。あと少しで修了式・卒業式を控えたこの時期、学内では演奏発表会や展示会、卒業ライブといったイベントが集中的に開催されていきます。今日はこれらの中で、今行われている卒業…

弓製作コース 機械加工について

弓製作コース、本日は講義の準備の様子を少し見てきました。写真に写っているのはご存じの方も思いますが旋盤です。今回、糟谷先生は旋盤を用いて少し先の工程で必要となる工具の作成をしていたようです。バイオリン職人の世界は手作業の印象が強いので以外…

弓製作コース ~スティック荒削り仕上げ~

弓製作コース、様子をお伝えしていきます。前回紹介したスティックの荒削りも後半に入ると細かい修正作業に移っていきます。 教室では糟谷先生と受講生の方でスティックが曲がってないか、ライン上に凹凸がないか、などを手や目を使いながら念入りにチェック…

弓製作コース 〜初日の作業②木材選定と荒削りスタート〜

前回掲載した研ぎのレクチャーが一息ついたところで初日の後半、材料選定に移ります。資料を用いた座学と実際のペルナンブーコ材※を見ながら講義は進んでいきます。※現代の弓にはペルナンブーコ(フェルナンブーコ)という材料が使われるのが一般的です。 魔…

弓製作コース ~初日の作業①道具の仕立て~

1週間前に開講した弓製作コースの様子、せっかくですので行われている作業の内容ををもう少し詳しく説明したいと思います。弓製作コースの行程の最初の方ではスティックの荒削りを行うのですが、スタンダードプランでは工具を支給があり、個人の経験や希望に…

弓製作コース開講しました。

昨年末より告知しておりました弦楽器の弓作りが学べる「弓製作コース」がスタートしました。 開講後は簡単な説明と工具支給後を早々に終え、早速作業に移ります。まずは作業に欠かせない道具の仕立て、弓の材料についての説明、そして実際に用いる材を選び 初…

沼波先生による講義 ネックグラフトについて

沼波先生による放課後エクステンションプログラムの講義2回目が実施されました。1回目の講義様子はこちらをご覧ください。 blog.daikanyama-ongakuin.com今回のテーマはネックグラフトについてです。ネックグラフトとは?ネックグラフトとはバイオリンの修理…

弓製作コース 銀線巻体験開催

こんにちは。1月開講予定である弓製作コースの体験イベントが先日、実施されました。 記念すべき体験初回の内容はラッピングの1つ銀線を巻く体験です。ラッピングについての説明はここでは割愛します。少し前の記事で紹介していますのでそちらをご覧ください…

夜間科 フレンチシルクラッピングについて講義

バイオリンクラフト&リペア科夜間科の授業で、弓製作コースを担当することになる糟谷先生からフレンチシルクの巻き方について講義を行っていただきました。弓のラッピング(金属線、金属糸、絹糸、革などの巻物が施してある部分)はメンテナンス時に交換する…

2015弦楽器フェアに出展します!

バイオリンを始めとしたアコースティックの弦楽器が集まる見本市、弦楽器フェアの時期が今年もやってきました。代官山音楽院も出展ブースにてバイオリンクラフト&リペア科の講師・学生作品展示しておりますので、ご来場の際には是非お越しください。 日程 10…

実技試験進捗 バイオリン楽弓毛替え

9月入り前期も残すところ、あと数週間となりました。 バイオリンクラフト&リペア科の学生は課題の提出に加え試験があるので対策に余念がありません。特にここしばらくは本科・夜間科の実技試験を控えていたため、授業中・放課後には毛替えやセットアップを練…

夜間科における試験とは? バイオリンクラフト&リペア科

先日バイオリンクラフト&リペア科に来校された方から夜間科でも試験があるのか、というご質問がありました。結論から言いますと夜間科でも試験はあります。 ただ、これは試験で良い点数を取ることが必ずしも目的ではありません。夜間科では修理に特化して学…

エクステンションプログラム バイオリン修理の講義

本科の放課後、バイオリンクラフト&リペア科の教室にて沼波先生による修理講義が実施されました。 沼波先生は代官山音楽院ではオープンスクールのバイオリン製作コースにて楽器製作を教えていますが、修理や修復の経験も豊富で、様々な銘器を手がけてきた経…

日本バイオリン製作研究会、2015年春の展示会、報告

5月16日(土)~5月17日(日)に日本バイオリン製作研究会、春の展示会が池袋、アカデミーホールにてに開催され、代官山音楽院も出展をさせていただきました。例年、この時期に開催している展示会ですが、今回は開催していた明日館から場所を移しての実施。 雰囲…

バイオリン製作スタート!

4月から開始したバイオリンクラフト&リペア科の授業の様子をお伝えします。 本科1年生は約1ヶ月間の道具仕立ての講義を経て、いよいよ本格的にバイオリン製作に入りました。 まずはバイオリンの形の基となるテンプレートの製作です。ようやく木工に慣れ始め…

日本バイオリン製作研究会の展示会に出展します

毎年、この時期に東京池袋にて実施される日本バイオリン製作研究会の展示会に今年も代官山音楽院で出展を行なわせていただくことになりました。代官山音楽院の展示スペースには、オープンスクールのバイオリン製作コースとチェロ製作コースで完成されられた…

第1回3Daysバイオリンツールワークス報告!

先日告知をした記事の中でも触れましたが、バイオリンクラフト&リペア科では「バイオリン製作・修理のためのツールワークス」をテーマに、入学検討者向けのイベントを年に数回実施する予定です。記念すべき、第1回目がゴールデンウィーク中に開催され、終了…

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015 参加しています

有楽町国際フォーラムでラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015熱狂の日がこのゴールデンウィーク期間中2日~4日で開催されています。代官山音楽院も島村楽器のブースの中で、バイオリンのデモ製作や削りの体験・フルートの分解体験等を行っています。 これ…

バイオリン ツールワークス体験イベント開始!

バイオリンクラフト&リペア科では定期的に、入学検討者向けのイベントを開催していますが それらは、学科説明だけではなく、技術体験をしていただけるものが多いのが特徴です。 (理由は後述させていただきます。)さて、今年度は例年よりも少し長め、3Daysセ…

バイオリンクラフト&リペア科 夜間科授業の様子

本科授業開始から数日後、バイオリンクラフト&リペア科夜間科の授業も開始しました。初日の様子を早速お知らせします。年度の開始となるこの日は、昼間部の本科と同様に、年間予定の説明や工具・消耗品の支給などオリエンテーションが中心となります。ただ…

バイオリンクラフト&リペア科 新年度スタート

こんにちは。 新年度に入り、バイオリンクラフト&リペア科も新たな授業が始まりました。初日の授業の様子を少しだけ紹介します。1年生は1日を通してオリエンテーション。1日かけて明日以降の授業を始める準備を行いました。 準備が中心ではありましたが、材…

本科1年生インタビュー

本科1年生はペースはそれぞれですが、1年間で白木の状態での楽器完成を目指します。 年が開ける前に先んじて完成させた2人、奈良さん(写真右)と大月さん(写真左)にインタビューをし、今日まで取り組んできた感想を聞いてみました。 1年間バイオリン製作に取…

Andreas Preuss 氏による製作講義

1月も終わりに近づく中、昨年当ホームページでも紹介させていただいた卒業生の就職先の1つであるプロイス弦楽器マイスター工房(東京・池袋)のオーナー技術者のAndreas Preuss(アンドレアス・プロイス)氏が来校され、特別講義を実施してくださいました。 特…

バイオリンの塗装に用いる素材達

こんにちは。今年度も残りわずかですね。 バイオリンクラフト&リペア科では先日、大掃除を行い2014年の授業は終了しました。既に学生は誰も学校にいませんが、講師は休みに入る前にまだ教室でやることが残っています。 道具・材料の点検もその1つで、こうい…

バイオリン製作家、高橋明氏来校!

バイオリンクラフト&リペア科に、クレモナ在住で活躍する弦楽器製作家、高橋明氏が来校されました。既にご存知の方も思いますが、高橋さんはクレモナを拠点に製作活動を行なうベテランの製作者で、学科発足以来、度々ご来校いただいています。最初の来校時…

クレモナからのお客様

弦楽器フェアの興奮もまだ冷めぬ11月某日 クレモナで活躍している弦楽器製作家、百瀬裕明氏が来校してくれました。百瀬さんには、バイオリンクラフト&リペア科の本科生が製作している、作品を1つ1つ丁寧に見ていただき、厳しいご指摘とアドヴァイス、そして…

楽器写真の撮影

10月某日。代官山音楽院ホールにて・・・before... after... なんということでしょう。 匠の力によってホールがフォトスタジオに・・・ というわけで、この度のイベントで鈴木徹氏の製作したコントラバスを撮影するために、フォトグラファのYuma Murata氏に…

弦楽器フェア2014

10/31(金)~11/2(日)に東京、九段下にある科学技術館で開催された弦楽器フェアが無事終了しましたので報告させていただきます。 島村楽器×代官山音楽院 初の共同出展 代官山音楽院は毎年、弦楽器フェアに出展を続けていますが、今年度は島村楽器と代官山音楽…

弦楽器フェア設営準備進行中!

10月も月末となりました。いよいよ明日10月31日から国内最大の弦楽器見本市、弦楽器フェア開催です! 当音楽院もバイオリンクラフト&リペア科の出展を行い、本科2年生の楽器と講師の作品の展示、それと今年度は、本科1年生の製作中の楽器も展示を行います。…

コントラバス塗装~セッティング そして完成!

鈴木さんのコントラバス製作、下地ができあがったあとはいよいよニスを塗っていく工程に入っていきます。鈴木さんは今回、シェラックという樹脂をベースとしたニス(溶剤がアルコールのため、一般的にアルコールニスと呼ばれていることが多いです。)を用いて…

増殖する大型楽器(チェロ、コントラバス)の修理を見る?

とある日のバイオリンクラフト&リペア科教室放課後 この数と大きさは実際に揃うと圧巻です! チェロやコントラバスなどの大型楽器も扱える環境を充実すべく力を入れてきましたが、今年度中にここまで教室に溢れることになったのは予想外でした。一昔前に本…

コントラバス下地作り

鈴木徹さんによるコントラバス製作、少し間が開いてしまいましたが、状況をお伝えしていきます。まず、前回の記事の続きから前回の後も、下地作りの工程が引き続き行われました。 楽器へ下地の塗布、合間を縫って調合と解説、という配分で作業は進んでいきま…

2014弦楽器フェアに出展します!

今年も弦楽器フェアの時期が近づいて参りました。弦楽器では国内最大の規模を誇るこのフェアでは展示では国内外から集まった楽器が並び、楽器の一部はホールでのプロによる試奏も行われています。今年度、代官山音楽院は島村楽器と共同で出展を行い、当音楽…

夜間の弦楽器修理~魂柱の設置~

バイオリンクラフト&リペア科の夜間科授業に潜入してきました。 夜間科は修理に特化したコースのため、本科とはカリキュラムの進行が異なります。時間も本科より短いですが、修理のカリキュラムだけならば本科と比較して遜色ないぐらいの内容になっています…

鈴木徹氏のコントラバス製作再開!

5月に来校しコントラバスを白木で1ヶ月で作成した鈴木徹さんが再度来校し、早速、作業の続きに取り掛かり始めました。こちらのブログでの紹介も、また再開していきます! 作業は下地を作る工程の1つ、目止めから開始。こうしてコントラバスを改めてみると大…

鈴木徹氏再来校、弦楽器フェア出展準備スタート!

9月も終わりが近づき、一息つく間もなく、弦楽器フェアという展示会に向けての最終準備がスタートします。弦楽器フェアとは弦楽器フェアとはバイオリン関係では国内最大の見本市で毎年11月前後に科学技術館で開催しています。バイオリンクラフト&リペア科も…

特別イベント 世界の楽器鑑賞 実施報告!

Cremona Mondomusica(クレモナモンドムジカ) 9月にイタリア、クレモナ市にて開催されるこの国際的見本市は、バイオリン関連ではよく知られたイベントで、世界中からメーカーや技術者が出展・買い付けで集まります。バイオリンでは世界最大と言える見本市です…

バイオリン修理の実技試験

9月半ばを過ぎました。バイオリンクラフト&リペア科では前記試験の真っ只中です。試験は本科・夜間科どちらでも行われ、内容は筆記・実技・提出課題等ありますが、その中で今回は、本科2年生の実技試験にフォーカスを当て紹介させていただきます。楽弓の毛…

バイオリンクラフト&リペア科オープンスクール講師による授業実施

バイオリンクラフト&リペア科本科にて当音楽院オープンスクール講師による特別授業が実施されました。 この講義は1~2ヶ月毎に実施しており、通常授業を担当している講師とは別の技術者に講義を行ってもらうというものです。複数の違う背景でキャリアを積ん…

夜間科お茶会

こんにちは! バイオリンクラフト&リペア科の髙倉です。 今日はバイオリンクラフト&リペア科夜間科の皆さんが初めてお茶の時間を過ごすということを聞き、 私も参加させていただきました。 また、ちょうど試験作成をされていたピアノ調律科の伊藤先生も加…

コントラバス完成!そして・・?

こんにちは 鈴木徹さんのコントラバス見学会が、先日6月1日で無事、最終日を迎えました。 おかげ様でスケジュールに余裕を残してコントラバスは無事完成し、盛況に終わることができたことを感謝しております。 まずは、完成直前の製作風景をご覧ください。 …

VSJ展示会出展

5月17.18日のお話。 Violinmakers Society of Japan 日本バイオリン製作研究会の展示会に出展して参りました。 場所は例年通り池袋、自由学園明日館です。 大変歴史のある素敵な建物です。 アマチュアからプロで活動している人まで沢山の作品が集まります。 …